infrastructure as code

kubernetes – Nodeの削除

今回はNode削除時の挙動について、ご紹介します。 Nodeのスケーリング状態 k8sではPodの配置に対して、2つの状態があります。 SchedulingEnabled:新規のPodがNodeに作成可能な状態 SchedulingDis...
infrastructure as code

kubernetes – カスケード削除(連鎖削除)

親リソース削除時の挙動 k8sでは、基本親リソースを削除すると、そのリソースが管理している子リソースも削除されるようになっています。(カスケード削除:連鎖削除) 例えば、Developmentを削除すると、管理しているReplicaSetも...
infrastructure as code

kubernetes – initContainers

initContainersとは manifestのリソース指定: kind: Pod spec:initContainers[] ※Pod、ReplicaSet、DeploymentなどのワークロードのPod部分に対して設定可能 コンテナ...
広告
infrastructure as code

kubernetes – Podのヘルスチェック

KubernetesのPod設定(manifest)に、ヘルスチェック(死活監視)を定義することが可能です。 今回は、ヘルスチェック回りの知識について、ご紹介しようと思います。 Podヘルスチェックの概要 k8sのワークロードにヘルスチェッ...
infrastructure as code

kubernetes – HorizontalPodAutoscaler

HorizontalPodAutoscaler-Podのスケーリング 前回で、GCPが提供しているNodePoolの機能による、Nodeのオートスケーリングについてご紹介しました。 今回はPodのオートスケーリングについて、ご紹介していきた...
infrastructure as code

kubernetes – NodeのAutoscaling

今回ははNodeのオートスケーリングについて、説明します。 Nodeのオートスケーリングとは、リソースの使用量に応じて、Node数を増えたり減ったりすることです。 k8s自体はこの機能は持っていません。 GKE(GCP)の場合、NodePo...
infrastructure as code

kubernetes – ResourceQuota

ResourceQuota k8sでは、Namespaceという仮想環境を分けるための仕組みがあります。 Namespaceごとにリソースの制限を掛けれないと、Namespaceどうしがリソースの奪い合いをすることになってしまいます。 今回...
infrastructure as code

kubernetes – LimitRange

今回は、Namespace範囲でリソースの制限を行うためのリソースLimitRangeについて、ご紹介します。 リソース制限の概要 k8sでは、制限を掛けられる方法は以下2つです。 RequestsとLimits Containerに対...
infrastructure as code

kubernetes – RequestsとLimits

k8sクラスタのcpuやmemoryなどが使われすぎないように、制限を掛ける必要があります。 今回からはリソースの制限方法について、説明していきたいと思います。 リソース制限の概要 k8sでは、制限を掛けられる方法は以下2つです。 Req...
infrastructure as code

kubernetes – Namespace

Namespaceとは manifestのリソース指定: kind: Namespace Namespaceは、公式ドキュメントでは以下のように説明されています。 Namespaces are a way to divide cluste...
広告
タイトルとURLをコピーしました